いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

戸田真琴さんと、しの(@raf00)さんと、画面越しのコミュニケーション

tenshoku-web.jp この記事が、たいへん面白かったのです。 rioysd.hateblo.jp 戸田真琴さんのことをはじめて知ったのは、このAVデビュー時の記事で、僕は正直、「なんでそういうことになってしまったのだろうか、こういう人の「不安定さ」を利用してコンテン…

Nintendo Switch『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』感想

bonusstage.net 今年の1月24日からオンラインで配信されている、この『偽りの黒真珠』。当初は3DS用だったそうなのですが、時勢にあわせて、Switchでのリリースとなりました。定価は1000円(税込)。 知るひとぞ知る(というか、けっこう有名)な、ファミコ…

オンラインサロンを動かしているのは、「孤独」というエネルギーなのかもしれない。

togetter.com まあ、ブラック企業的ですよねこれは。 結局のところ、自分は無償では働かないけれど、自分のために無償で働いてくれる人に関しては「問題なし」なのだから。 ネットをやっていると、自分だけは例外、になってしまう人が多いこと気づくのです。…

没後30年、「漫画の神様」手塚治虫先生に関する証言集

本日、2019年2月9日は、手塚治虫先生の没後30年にあたる日だそうです。 僕にとっての手塚先生は、物心ついたときには、「ちょっと前に活躍していた人気マンガ家」という印象で、作品を読む機会もあまりなかったのですが、小学生の頃、父親が「この本が面白い…

『山月記』問題と、現在の「国語教育」について

togetter.com 『山月記』って、いまでも教科書に載っているんですね。 ネットでも「意識高い系」とか「承認欲求」を語るときによくネタにされています。 「なぜ『山月記』なのか?」というのは、今まであまり疑問に感じたことはありませんでしたが、3年くら…

高須院長、『シーマン』を巻き込むのはやめてください。

悪いことしたときにシーマンくんのようなことを言って被害者に化ける方々こそ軽蔑されるべきです、僕は国籍性別で差別はしません。反日の外国人の方々は敵です。ウーマン村本「新井浩文が在日朝鮮国籍だとわかった瞬間にバッシングが何万倍」https://t.co/nt…

ある大型書店のレジで起こった、悲しい出来事

先日、仕事を終えたあと、ショッピングモールに入っている大型書店へ行ったときのこと。 欲しい本を買ってレジで会計をしていたのだが、その途中で店員さんが文庫本を一冊、地面に落としてしまった。 一瞬、気まずい沈黙が流れたあと、彼女は「ブックカバー…

宇多田ヒカル「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」と嵐の活動休止

www.bs-sptv.com 昨夜、BSスカパー!で、宇多田ヒカルさんの12年ぶりのツアーの最終公演が放送されていた。 宇多田さんのコンサートといえば、もう20年近く前の最初のツアーのときに、奇跡的にチケットを2枚取れたのだが、ちょうどその日が認定医試験と重な…

たぶん、生きていくには「締め切り」が必要なのだ。

この前、映画学校の青年に「クリエイターにとって必要なものは何ですか?」って聞かれて「締め切り」って答えた。愛とか夢とか情熱とか努力とか、はたまた怒りとか、他にも必要なものは色々あるだろうけど、一番必要なものは「締め切り」なんじゃないかと割…

「好きなことを仕事にする」と「できることを仕事にする」

anond.hatelabo.jp これを読んで、兼業作家として単著まであって、担当の編集者までついているのにやめちゃうなんてもったいないなあ、というのと、慢性的な睡眠不足に陥っているにもかかわらず、そんなにお金にもならず、書きたいものも書けないというので…

現代アートは、「どれだけ人を不快にさせるか」を競っているのかもしれない。

現代アートって、「それだけ人を不快にさせるか、『解釈』したい気持ちを掘り起こすかの闘い」なのかな、と僕は思っているのです。 正直、そういう方向性に対しては、「面白い」と感じる部分と、「悪趣味だな」と思うところが半々、なのですけど。 そこで、…

「ブログで人生を変えることは簡単ではないけれど、人生や日常を見る目は、けっこう変わる」(今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」)

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」 僕の場合は、とにかく書くことが好きで、試行錯誤した結果、たくさんの人に読んでもらえたり、反応があったりすることが刺激的で、の繰り返しでずっとやってきたところがあって(それにプラスして、ほんの少しお金にも…

いつの間にか「カルト」に取り込まれてしまうのを予防するために、読んでみてほしい7冊の本

いま、ネットで「脱社畜サロン」のことが話題になっています。 tyoshiki.hatenadiary.com ちなみに、「脱社畜」という言葉を世に広めたと思われる、『脱社畜ブログ』の方からは、「風評被害に辟易している」という嘆きも聞こえてきています。 dennou-kurage.…

ほんの少しだけ「自由に生きる」ための、ひとり水族館・美術館のすすめ

anond.hatelabo.jp 一緒にいたくない人を、わざわざ水族館に誘うことはないので、憎からず思っているのは確かなのだろうけど、「一人で水族館に行きづらいので、水族館友達として誘っている」という可能性もあるかもしれませんね。 僕自身は水族館も美術館も…

SNSという、「そんな意志も覚悟もない人が、他者を致命的に傷つけてしまう可能性がある道具」

anond.hatelabo.jp b.hatena.ne.jp もしかしたら、これはフィクションなのかもしれない。 それを確かめる手段を僕は持たない。 だが、これに類似したことは、いまの社会のあちこちで起こっている、たぶん。 思ったことをとりとめなく書いてみる。 彼女の死は…

「ナチスと福祉」について

togetter.com こういうやりとりを第三者的にみていると、「文脈」を把握せずに、発言内容の一部だけを切り取って批判されがちなSNSって怖いなあ、と思うんですよ。 文脈を追っていくと、「ナチスは福祉」というのは、アイロニーであって、発言者はナチスやそ…

2019年の個人ブログと「自分にも他人にも期待しないインターネット」の時代

あけましておめでとうございます。 皆様にとって、2019年が良い年になりますよう願っております。 さて、このブログでは、毎年、新年最初のエントリは、「現在のブログ情勢と今年の展望」みたいなことを書いているのです。 fujipon.hatenablog.com fujipon.h…

2018年の『いつか電池がきれるまで』を振り返る

2018年も、残りわずかになりました。 年末恒例の企画として、2018年の『いつか電池がきれるまで』のなかの10個のエントリを紹介しつつ、今年を振り返ってみます。 fujipon.hatenablog.com 何物にも依存せずに生きていくっていうのは、本当に難しい、というか…

「安楽死」について考える際に知っておいてほしい、いくつかのこと

note.mu 「安楽死」について、僕はやはり医者としての立場から逃れられないし、客観的に語ることは難しいのだと思います。 ただ、だからこそ、ひとりの臨床医として、あるいは、癌で親を亡くしたひとりの遺族として、考えていることを書いておきたいのです。…

ある40代のおっさんが読んできた「ゲーム雑誌」の時代

anond.hatelabo.jp 思えば、小学校高学年から高校卒業くらいまで、ずっとゲーム雑誌とマイコン雑誌ばかり読んでいたような気がする。 あとは、『タクティクス』(ボードゲームの雑誌)とか。 もちろん、『週刊少年ジャンプ』も読んではいたのだけれど、僕は…

平成という時代と、僕がみてきた有馬記念

明日は、平成最後の有馬記念だ。 競馬者にとっては、毎年、有馬記念の週になると、突然「年末」を突き付けられたような気分になる。 昨年からは、このあとに「ホープフルS」という2歳G1が新設されたので、「今年最後という感傷」には、やや乏しくはあるのだ…

『大乱闘スマッシュブラザーズ』をつくった桜井政博さんが「ゲームについて語ってきたこと」

www.smashbros.com www.famitsu.com 2018年12月7日に発売後、初週に123万本も売れ、今も売れ続けている、Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。 この『スマブラ』シリーズの全作品でディレクターを務めているのが、株式会社ソラの桜井政…

見城徹さんの「圧倒的努力は必ず報われます」という言葉の真実と嘘

togetter.com ああ、見城徹さんのツイートか……と思いつつ確認したら、やっぱりそうだった、っていう。 この「圧倒的努力は必ず報われる」という言葉に対して、「必ずしもそうとは限らないんじゃないの?」「生存者バイアスだろ?」と感じる人は多いはずです…

竹俣紅さんの「女流棋士卒業」という選択への雑感

lineblog.me そうか、竹俣さん「女流棋士」やめちゃうのか……誰でもなれるものじゃないし、もったいないなあ……とは思ったんですよ。 でも、それと同時に、現在・早稲田大学政治経済学部に在学していて、タレントとしてかなり活躍されているというのを考えると…

NHKスペシャル『ロストフの14秒』が滅法面白かった。

www6.nhk.or.jp 長友選手がTwitterで紹介していたのをみて、21時から、NHKスペシャル『ロストフの14秒日本vs.ベルギー 知られざる物語』を観た。 僕はそんなにサッカーのことを知っているわけではなくて、日本代表の試合とサンフレッチェ広島の成績、サガン…

『M-1グランプリ 2018』の審査についての騒動をみていて思い出した、本当に面白い「芸人の本」10冊

news.nifty.com 『M-1グランプリ2018』での審査員、とくに、立川志らくさんと上沼恵美子さんの審査について、ネットではかなり批判が目立っていて、その上沼さんを泥酔して批判したとろサーモンの久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんも「大先輩に失礼…

「バーチャルアイドル・伊達杏子」を知っていますか?

orangestar.hatenadiary.jp VNI(バーチャルネットアイドル)か…… 僕がネットで日記とか書き始めたころ、『ちゆ12歳』がテキストサイト界に『侍魂』『ろじっくぱらだいす』などとともに君臨していて、『ネットランナー』とかでもよく採り上げられていたのだ…

「結局カネ、という銭ゲバ選手」の前では、カープは何をどうやっても無力。ファンの応援も祈りも無意味。

headlines.yahoo.co.jp どうせデキレースだったんだから、タンバリング疑惑が出たからといって、カープファンに期待を持たせるようなことを言って引き延ばすんじゃねーよ、というのが、僕の正直な気持ちであって、これまでのカープでの丸選手の功績には感謝…

ももいろクローバーZのラジオ番組で聴いた、「劇場でハンカチを貸してくれた20代後半の人」の話

一昨日の日曜日の夕方、車で移動中にラジオで『ももいろクローバーZ』の番組を聴いていました。 www.tfm.co.jp 番組のはじめに、『ももクロ』のメンバーが出演していた舞台を観に行ったという20代女性からのメッセージが紹介されていたのです。 本当に楽しい…

2025年に、再び「大阪万博」を開催するということ

www.nikkei.com 2025年に大阪万博の開催が決まったみたいです。 一昨日くらいに2025年に大阪に万博を誘致しているという話をはじめて知ったので、そうなのか……誘致のために頑張ってきた人たちは、よかったですね、とは思うものの、いまの時代、というか、さ…

アクセスカウンター