いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

マンガ

観てよかった、と思っている「漫画・アニメ原作の実写邦画10作品」

anond.hatelabo.jp anond.hatelabo.jp 「漫画・アニメ原作実写邦画」に関しては、「地雷」という評価をされることが多い印象があるんですよね。 その一方で、冒頭ふたつめのエントリで紹介されているように、けっこうヒットしている作品が多いのも確かです。…

究極の「マンガモンスター」高橋留美子先生の肖像

togetter.com コミックスが累計2億冊ですよ高橋留美子先生。 1978年デビューだそうですから、もうすぐ漫画家生活40年か…… 僕が小学生の頃、『うる星やつら』のコミックスを読み、アニメを観ていたものなあ。 『めぞん一刻』は、同級生が「これはすごい!」っ…

おかえりなさい、『ハイスコアガール』

mantan-web.jp ああ、ようやく連載再開なのか、というか、連載中止から、もう2年も経ってしまっていたのか…… 昨年夏に、スクウェア・エニックスとSNKプレイモアの和解が成立したというのをみて、これで再開されるのかな、と思いきや、音沙汰のないまま半年以…

『ガイコツ書店員 本田さん』と、僕が偏愛する「書店員さん本」の世界

ガイコツ書店員 本田さん (1) (ジーンピクシブシリーズ)作者: 本田出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー発売日: 2016/03/26メディア: コミックこの商品を含むブログ (1件) を見る (MFC ジーンピクシブシリーズ)" title="ガイコツ書店員 本田さん …

「『ドラゴンボール』は、フリーザ編で終われていれば、みっつめも描けたんじゃないかな……」

blog.fujitv.co.jp CSのフジテレビONEで月に1回放送されている『漫道コバヤシ』という番組がありまして。 日頃はあまり表に出ない漫画家さんたちや編集者が、大の漫画好きのケンドーコバヤシさんと「漫画」について熱く語り合う、好きな人にはたまらない内容…

『東京ラブストーリー ~After 25 years~』の罪

www.yo-hey.comnobujirou.hatenablog.jp こういう「懐かしのマンガの○○年後」という「続編」って、以前から存在はしたのですが、近年とくに目立ってきたような気がします。 それにしても『東京ラブストーリー』か…… 僕にとっては、マンガよりもテレビドラマ…

君は『北斗の拳 イチゴ味』を知っているか?

北斗の拳 イチゴ味|WEBコミック ぜにょんwww.zenyon.jp このマンガ、セブンイレブンで見かけて、ちょっと気になってはいたんですよね。 2013年には、もう1巻が出ていたのか…… でも、『週刊少年ジャンプ』の全盛期、400万部とか500万部が発行されていた時代…

『ドラえもん映画』と『ONE PIECE』の「王道」について

昨日、子供たちと『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』を観に行ってきました。 人生で最初に映画館で観た映画が、ドラえもん映画の『のび太の恐竜』であった僕としては、ドラえもん映画が35周年で、自分の子供と一緒に観ているというのは、なんだかちょっと不…

藤子不二雄A先生が語った「藤子・F・不二雄の思い出」

参考リンク(1):笑ゥ80歳の“まんが道” (NHK「探検バクモン」) (2014年11月29日の午前1時45分からと、12月2日の午後4時30分から、再放送あり) 11月26日の夜、NHKの『探検バクモン』に、藤子不二雄A先生が出演されていました。 もう80歳になられるの…

『地獄変』と、「ある天才マンガ家」の話

参考リンク:『地獄変』 - 藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 僕は芥川龍之介さんの作品のなかでは『地獄変』がいちばん好き(というか、ずっと心に引っかかっている)ので、このエントリを大変興味深く読ませていただきました。 F先生への愛情…

新作『漫喫漫玉日記 深夜便』が出たので、桜玉吉さんのことを語ってみます。

漫喫漫玉日記 深夜便 (ビームコミックス)作者: 桜玉吉出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2013/11/25メディア: コミックこの商品を含むブログ (10件) を見る 内容紹介 我らが兄貴! 桜玉吉が帰ってきた!! 見事、社会復帰を果たした完全新作登場!! 皆様…

アクセスカウンター