読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

『杉乃井ホテル』のゲームコーナーの思い出


mubou.seesaa.net


 ああ、懐かしいなあ、ホテルのゲームコーナー。
 僕が小〜中学生の頃は、街のゲームセンターには補導員や「お金貸してくれない?」って寄ってくる怖いヤンキーが出没していたため、なかなかゲームセンターで遊ぶことができなかったんですよね。
 そういったものを振り切って入り浸るほどの勇気がなく、「僕はただ、最新のテレビゲームで遊びたいだけなのに……」と悶々としていたものです。
 

 そんななかで、ホテルや旅館のゲームコーナーというのは、補導員やヤンキーに遭遇するリスクが低い、テレビゲームで遊べる場所だったのです。
 もちろん、しょっちゅう行けはしないのですが、年に一度の家族旅行でホテルに着くと、まず「ここにゲームコーナーはあるのか」を確認していました。
 いちばん記憶に残っているのが、大分県別府市にある杉乃井ホテルのゲームコーナーです。
 このホテル、当時(30年前くらい)から、かなり大規模で、夕食は、屋外でショーを見ながらのバイキング料理でしたし、プールにボウリング場なんかもあったんですよね。
 まあ、僕はプールやボウリング場、そして、温泉にもまったく興味はなかったのですが、ここのゲームセンターには驚きました。
 地方都市のゲームセンターを圧倒的に凌駕するラインナップ!
 僕はここではじめて、セガ体感ゲーム第1弾『ハングオン』に出会ったのです。



sega ハングオンライドオン プレイ風景


 わが家の近くのゲームコーナーでは見たことが無い最新ゲームに、温泉で出会うことになろうとは!
 たしか1プレイ200円で、2回くらいしか遊べず、カッコ良く足を地面に付けずに乗ろうとするとコースアウトしまくっていたのですが、とにかくこの「新しいゲーム」には感動しました。
 音楽がまた、素晴らしかったんだよなあ。


 当時ゲームコーナーにお客さんが多くて儲かっていたのか、ロビーの近くにも仮設ゲームセンターみたいなのがあって、そこでは『戦場の狼』の爆音が響いていたのです。
 あの頃のゲームセンターって、『戦場の狼』のBGMだけ、やたらと音量が大きかったような気がします。
 (ゲーム内で)マシンガンを乱射しながら、敵兵をなぎ倒し、「殺伐としてるなあ!」なんて思いつつ、何度もコンティニューしていました。



戦場の狼(アーケード) 1985年 カプコン


 冒頭のエントリを読んで、あの頃、ホテルのゲームセンターが僕にとっての楽園だった頃のことを思い出さずにはいられませんでした。
 「杉乃井ホテルがいい!」ってリクエストしながら、別府にまで出かけ、温泉には見向きもせずにゲームコーナーにばかり入り浸っていた息子を親はどう思っていたのだろうか?
 「風呂とか入ってる暇ないよ!」って言ってたものなあ。


 あれから30年経ち、今度は僕が息子を杉乃井ホテルに連れていくことになりました。
 杉乃井ホテルは、バブルの時代にいろいろ手を広げすぎ、それが時代に合わなくなったことから、経営状態が悪化し、2001年には民事再生法の適用を受けています。
 しかしながら、その後は施設の改善などにより蘇り、昔ほどの(そう、ゲームコーナーに最新の『ハングオン』を導入するほどの)余裕はないものの、コストパフォーマンの良いレジャーホテルとして復活しているのです。


 息子とお風呂に行きながら、さりげなくゲームコーナーを探してみると、『ラウンドワン』のゲームコーナーの5分の1くらいのものが大浴場の近くにありました。
 おお、昔に比べるとショボくなってしまったけれど、ここにはまだそれなりの規模のものが残っているのだな、と。
 すると、長男が「ゲームで遊びたい!」と言いだし、結局、温泉は後回しにして、『マリオカート』で勝負したり、ボールをぶつけるゲームをやったり、クレーンゲームで散財したり。


「お風呂なんかより、ずっとゲームしていたいな……」


 歴史は繰り返す、というのか、僕の教育に問題があったのか。
 でも、なんだか「ああ、僕の子どもなんだな」っていう、気恥ずかしさを伴う嬉しさ、みたいなものがあったのです。
 もちろん、「ゲームは後!」って言って、お風呂には行きましたが。


 僕はいまでも、ホテルや旅館に泊まると、あるいは、テーマパークや遊園地に行くと、ゲームコーナーを探してしまうのです。
 ゲームコーナーがある施設は少なく、あっても閑散としていて、とても寂しくなります。
 ホテルや旅館に付属していたゲームコーナーには誰もいないことが多くて、つい、お賽銭みたいな気持ちでコインを入れてしまうのです。
 まあ、ゲームで遊びたければ、携帯ゲームを持ってくるなり、スマホでやればいいわけだしね……


 それでも、僕はこれからも、ゲームコーナーを探し続けると思います。
 限界集落みたいになっているのは、百も承知なのだけれど。

 
別府温泉 杉乃井ホテル[公式サイト]

セガコン ?THE BEST OF SEGA GAME MUSIC? VOL.1

セガコン ?THE BEST OF SEGA GAME MUSIC? VOL.1

fujipon.hatenablog.com