読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

高橋健一容疑者と「女性を傷つける」ということ

www.nikkansports.com


昨夜、こんな記事をみて、いろんなことを考えていました。
そもそも、伊集院光さんは反省すべきなのか、反省すべきなら、それは何に対してなのか。
プロの喋り手として、犯罪者を擁護する発言を公共の電波に乗せてしまったことなのか、自分に人を見る目が無かったことに対してなのか。


www.sponichi.co.jp


この大久保佳代子さんの「ちょっと訂正いいですか?」というのも読むと、高橋さんという人は、少なくとも芸人仲間たちからは愛され、信頼されていたのだな、というのが伝わってくるんですよね。


伊集院光さんは「自分の人を見る目の無さを思い知らされた」と仰っていますが、僕も40年以上生きてきたのだけれど、生きれば生きるほど「人ってわからない」と痛感させられます。
みんなけっこう「自分は人を見る目がある」って思っているのかもしれないけれど、本当にそうなら、日本で3組に1組も離婚するわけがない。


伊集院さんの発言に関しては、「伊集院さんも被害者」なのではないか、と思うのです。
その一方で、もしラジオで伊集院さんが「僕も騙されました。被害者のひとりです」と発言したら、間違いなく「炎上」していたはずで、伊集院さんは「ネット時代の民意の機微」を熟知している人だなあ、と、斜に構えた「感心」もしてしまったんですよね。
こういう「真摯さ」も含めて「芸」だと言えなくもない。


ネット社会というのは、他人をけっこう簡単に世界に繋がっている場所で「評価」「断罪」しやすくなっているのです。
そして、責任の所在は、ものすごく曖昧になってしまっている。
ごく少数のフォロワーしかいない一般人が「○○銀行が潰れるらしい」とツイートしたのが、有名人の目に留まってリツイートされ、多くの人がそれを拡散して大騒ぎになったとします。
もちろん、そのデマを生んだ最初の人が「責任者」として断罪されるのだろうけれど、それを信じて(あるいは面白半分で)リツイートした人たちは「無罪」なのか?
スルーされるはずのデマだったのに、ある有名人がリツイートしたおかげで多くの人に読まれたとしたら、その有名人は「被害者」なのか、「加害者」なのか?
芸能人や報道関係者、文筆関係者などは、「伝えること」でお金をもらっている人たちですから、リツイートも含めて、責任があると僕は思う。
でも、「ネット有名人」レベルだったら、どうだろうか?


最初に発言した人は「自分も噂として聞いただけ」だし、「こんなに広めるほうが悪い」と考えるかもしれない。
広めた人たちも「騙すほうが悪い」と思うかもしれない。


ネットでは「拡散」することが簡単になったけれど、それは、すごく危険なことでもあるんですよね。
騙されるだけではなく、誰でも「加害者」になるリスクがある。
「常に自分は被害者」だとみなしていたり、「みんなが悪いと決めてしまったものを尻馬に乗って叩く」ような人もいます。
それが「ネット時代に自分が傷つかずに済むための処世術」なのです。


今回の高橋容疑者の事件についてのこんなまとめを読みました。
momoclonews.com


個人的には「頭の中で妄想すること」は罪でもなんでもなくて、「現実で他人を傷つけること」はアウト、という線引きは、けっこう明確なものだと思うのです。
それはそれで、「じゃあ、妄想を言葉にして世の中に撒き散らすこと」はセーフかアウトか、みたいなことも考えずにはいられないのですが。


このサイトのなかで紹介されていた、『ももクロ』のファンたちからみた、高橋容疑者の姿を読んでいて、僕はまたいたたまれなくなりました。





高橋容疑者がやったことは犯罪だし、被害者には経済的・精神的な苦痛を与えているはずです。
けっして「しかたがない」で済まされることではない。
でも、この高橋容疑者の「風俗嬢に対する潔癖さ」を読んで、なんだかとてもやるせない気持ちになって。
僕自身、ずっと異性(女性)が苦手で、話しかけるときも緊張ばかりで、なかなかうまく付き合えず……という時期が長かったのです。今は結婚もしているし、マシにはなったはずなのだけれど、あの頃の「自分なんか、誰にも相手にしてもらえないんじゃないか」という痛みの記憶は、まだ残っています。
制服フェチ、女子高生好き、というのは、「ノーマルではない」けれど、それが「生身の女性とうまく接触できない、相手を『聖域』みたいにしてしまって、近づけない」、でも「その煩悩を完全に超越できるほど強くない」という葛藤の末に、ああいう「制服を盗む」という行為に向かってしまったのだとしたら、なんて痛ましいのだろうか。
「普通に恋愛できる」「普通に異性と接触できる」というのは、「普通」の人にとっては、あたりまえすぎて疑問を抱く余地がないこと、なのだと思います。
誰しも最初は緊張もするし、そうそううまくいくものじゃない、というのも事実だけれど、大部分の人は、そのハードルを超えられるし、超えてしまうと「みんなそういうものだ」と考えてしまう。


だからといって、「レイプするよりマシなんだから、制服泥棒くらい許してやれよ」というわけにはいかないのだけれども。


「女性として生きることのリスク」みたいなものを描いた本をたくさん読みました。
ごく普通に生きている女性が、たった一回の性行為で、大きく人生が変わってしまうことは、けっして少なくない。
朝、「おはよう」って、家を出ていった女性が、帰り道でレイプされてしまうことだってある。
女子学生が、合コンでお酒を無理に飲まされて「合意のうえで」男と寝てしまう。
僕は男なので、そういう「一度踏み外してしまうことのリスク」って、正直、若い頃から、考えたことがなかった。
僕自身、女性に対するコンプレックスが強かったので、そういうことの加害者にもならなかった。


ただ、「男だけの空間」になると、「アイツを酔わせてヤった(セックスした)」みたいな話は、悪事ではなく、「武勇伝」になりがちなのです。
「ゲームとして」考えている人さえ存在する。
向こうもそれを望んでいた。それも人生経験だろう。まあ、ものの弾みだ……
そういうのも人生の一面なのかもしれません。
そこから発展する恋愛っていうのもあるから、一概に悪いとも言えない。
それでも、「ずっとモテなかった僕」は、そういう話に「乗る」のが苦痛でした。


もちろん、女性側にも「女だけの空間」での符牒、みたいなものがあるのだとは思う。
あけすけに男を値踏みしたり、性に関する話もしているのかもしれません。
どちらかの性が加害者であり、被害者であるというのは「違う」のだろうけれど、女性側のほうが、無理矢理に性行為をされること、それに伴って身体や心を傷つけられること、妊娠することなど、「リスク」が高いのは事実でしょう。


今年、「恋愛工学」っていうのが流行りましたよね。
恋愛は駆け引きであり、テクニックを使えば、いろんな女性を「モノにする」ことができる、と謳っていました。
実際にそれで「うまくいった」人がいたからこそ、あれだけ話題になったし、本も売れた。
でも、そういうふうに「異性を一時的な快楽とテクニックを試すための道具」として消費するのは、「無罪」なのだろうか?
「合意のうえ」だし、「大人どうし」だから、刑罰を食らうような「犯罪」ではないのはわかる。
それでも僕は、「そういうのは自分にとっては愉しくないだろうな」としか思えない。


こういうのって、「綺麗事」みたいだし、実際にそうなのかもしれないけれど、僕はそういうふうにしか考えられない生き方をしてきたし、それは急には変えられない。
そもそも、高橋さんが風俗嬢に「申し訳ない」と思っていたとしても、風俗嬢側としては「こっちは仕事としてやっているんだから、そんな同情なんて迷惑」でしかないのかもしれない。
それこそ、「同情するなら金をくれ」だ。
相手を選べばいい、のかもしれなけれど、それこそ「人ってわからない」ものです。


結局のところ、こういう問題というのは、人それぞれの「許容範囲」みたいなものがあまりに違いすぎて、「他人に迷惑をかけたかどうか」という基準で判断していくしかないのでしょうね。
でもさ、「ゲームとして一人の女性と寝て致命的に傷つけるのと、制服600着を盗むのと、どちらが重い罪なのだろう?」とか、僕は考えてしまうのです。
前者が「犯罪者」として裁かれることはない。
むしろ女性のほうが「油断しているからだ」と責められることすらある。
女性が同性を責めることもある。


そういう「メジャーな男の性欲」みたいなものに対しては、世間はけっこうおおらかなんですよね。
それは、良いとか悪いとかじゃなくて、「現実」です。


自分でも何が言いたいのかよくわからくなってきたのですが、そういう世の中で生きていくというのは、「マイノリティ」にとっては、けっこうややこしいというか、めんどくさいのだよなあ。


……というほど僕自身はマイノリティでもなくて、中途半端に、ただ「いたたまれない」と呟いているだけ、なのだけれども。



本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナ

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)

怒り(下) (中公文庫)