読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

「PVなんてどうでもいいよ」戦略

『メディアのリアル』(吉田正樹著・プレジデント社)という、吉田正樹さん(『笑う犬の生活』シリーズ、『夢であえたら』など、数々の伝説的番組を生みだした元フジテレビプロデューサー(現ワタナベエンターテインメント会長))とメディア界の著名人たちとの対談本のなかで、サイバーエージェント藤田晋さんが、こう仰っていました。

 それにしてもインターネットというのは、人々の欲望に忠実なメディアだとつくづく思います。人気が出るのは著名人ブログや儲け話、それからエロティックな分野であって、いくら真面目で堅いコンテンツを提供しても、なかなか人が集らない。それがインターネットの現実なのです。


サイバーエージェントでは、コンテンツの評価を基本的にPV(ページビュー:Webのアクセス数の単位の一つで、閲覧者のWebブラウザに表示されたWebページの数(『IT用語辞典』より)で行っているそうです。
とにかく、たくさん見てもらえて、画面上に表示されるのが、良いコンテンツなのだ、と。


PV、ああPV!
書いている側としては、まあ、いろいろと思うところはあるわけですよ。
なんであんなコンテンツに、たくさん人が来るのかなあ、質はこっちのほうが上だと思うんだけど、とか。
あんなの悪口集めただけじゃん、とか。
でも、PVはひとつの「正義」であることを、否定はできない。
見てもらえないWEB上のコンテンツは、存在しないのと同じだから。
それにしても、日本を代表するIT企業のいちばん偉い人がここまで割り切っているというのは、正直「なんだかなあ……」とは思います。


この藤田さんの言葉は正しい、正しすぎるくらい正しい。
ただ、負け惜しみ的にあれこれ考えてみると、「ネットで閑古鳥サイトをやっていくこと」にも、メリットは少なくないと思うんですよ。
ネットで発信することの大きなメリットが「稼げること」だけだとするならば、「著名人ブログや儲け話やエロ」のような「稼げるコンテンツ」以外には、存在価値がなくなってしまう。
しかしながら、「稼がなくてもいい」と覚悟してさえしまえば、ネットというのは「無名の人が、何でも、自分が好きなことを書いて、世界中(は言語的に現実的ではないけれど、少なくとも日本中)に発信することができるツール」なんですよね。
こんなものは、有史以来、「落書(らくしょ、「らくがき」でも良いかも)」くらいしかありませんでした。
ネット以前の世界では、本やテレビ、新聞、ラジオといったメディアで拡散されるためには、それが「お金を生む(あるいは、その可能性がある)もの」でなければ門前払いだったのです。
よほどの能力があるか、自分でコンテンツをつくり、それを流通させられるくらいの大金持ちにしかできないことでした。
それが、ネット時代では、ほとんどコスト無しで、誰にでもできるようになった。
そして、そのような情報のなかには「1億人のうちの2〜3人にしか役立たないけれど、その対象者にとっては、必要不可欠なもの」もあるはずです。
誰も「そんなこと商売にならないだろう」と思い込んでいたけれど、発信してみれば、同好の士はたくさんいた、というケースもたくさんありました(「工場萌え」とか)。
そんなコンテンツをつくれるのはごくひとにぎりだとしても、確実に「発信するためのハードル」は下がっているのです。
少なくとも「発信するという行為だけで、ちょっと日常が楽しくなっている人間」はいる。
僕などは、ずっとそんな感じです。


fujipon.hatenablog.com



PVって、大事なんですよね、それもわかる。
PV稼ぎゲームみたいなのも、一生懸命やっていると、アツくなってくる。
僕もネットで発信していていちばん楽しかったのは「どんどん来てくれる人が増えていった時期」でしたしね。
ただ、仕事じゃなく、趣味として対価を期待せずに発信できる環境にいるのなら、思い切って、「PVを期待しないコンテンツ」を目指してみると、穏やかに付き合っていけるような気がするんですよ。
どうせ、よっぽどの才覚がある人じゃないと、「稼げる」っていっても、それで食えるようにはなりませんし。
「炎上路線」でPVを集め、消耗していくよりは、「ま、PVを集めるのには向かないかもしれないけど、自分が書きたいことを書いて、読みたい人が読んでくれれば、それでいいや」って割り切ってしまえば、けっこう、ネットで発信するのは楽しい。


というかそれを仕事にしていて、身を削ってPV稼ぎをしているサイバーエージェントの人たちと、あえて同じ土俵で勝負する必要なんて無いんですよ。修羅の道だよそっちは。
有名人になれたら苦労しないし、儲け話なんてそうそうあるもんじゃないし、エロはあまりにも競争が激しすぎる。「芸能人か儲け話かエロなら良いのか?」って、それで認められるのはものすごく大変だから。
みんなが知っている鉱脈は、もう、人で一杯で、身動きがとれません。


それはあっちに任せておいて、僕はこっちで「PVを稼げないエントリ」を書く。
「PVなんてどうでもいいよ」って言ったり、そういうことを書いたりできるのは、こちらの最大の「強み」だし、「特権」だと思うのです。
まあ、「○○なんてどうでもいい」って言う人は、大概、「本当はどうでも良くないから、あえてそう言っている」のですけどね。



メディアのリアル

メディアのリアル

メディアのリアル

メディアのリアル