いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

ヒーローがヒーローらしく、大人が大人らしくふるまうっていうのは、そんなに簡単なことじゃない。

anond.hatelabo.jp



 読み終えて、良かったねえ、と思いつつ涙しました。
 ああ、こういう何気ないひとことで、誰かを救うことができるのが「ヒーロー」なんだな。

 でも、考えてみると、ヒーローである、あり続けるというのは、とても大変なことなのです。
 以前、ファンへの「神対応」で知られる、あるプロ野球選手が、こんな話をしていました(選手名は失念してしまいました。申し訳ない)。

「子供のころ、憧れていたプロ野球選手を街で見かけて、思い切って声をかけたんです。その選手は、テレビではいつもニコニコしていて明るかったんだけど、急いでいたのか、機嫌が悪かったのか、「プライベートだから、今はダメ!」と僕を睨んで、足早に去ってしまいました。いろいろ事情はあったのかもしれないけれど、とても悲しくて、寂しかった。その経験があるので、僕はファン、とくに子供には、どんなときにもキチンと接するように心がけているんです」


 冒頭のエントリでのプロサッカー選手の対応って、イベントに半ばファンサービスという仕事で出席しているのだから、当然といえば当然なんですよね。
 増田さん(冒頭のエントリを書いた人)に、そんなに特別な対応をしてあげたわけじゃない。
 日本ではサッカーをやっている女の子が珍しくて、声をかけてみた、という感じだったのかもしれません。
 でも、その「普通の対応」だったことが、増田さんにとっては救いになったのです。
 このプロサッカー選手にとっては、ごくあたりまえのことをやっただけであり、美談として扱われるのも不本意なのではなかろうか。
 読む側としては、その選手の名前を知って、「日本でのマイノリティとしての苦悩」みたいなものを重ね合わせてしまうところもあります。


 正直、僕はこれを読んで、後ろめたい気分にもなったんですよ。
 自分は、ひとりの大人として、いつもちゃんと子供に向き合ってきただろうか?
 もちろんそれは、自分の子供に限らず。
 僕は有名人ではないし、ヒーローにはほど遠い。
 でも、ひとりの大人として、子供たちを含め、周りのいろんな人から「見られている」のです。
 僕はふだん、自分の機嫌やコンディションで、他人をぞんざいにあしらってしまうことがあります。
 苛立ちをぶつけてしまうこともあります。
 自分にとっては「我慢できない」「このくらいなら良いだろう」とみなしていることでも、相手にとっては、必ずしもそうとは限らない。


 いつも周りの人や子供たちには、真摯に、丁寧に。
 そう思うけれど、実際にそれをやり続けるのは、けっこうキツイ。
 あの暴言議員のニュースを見るたびに、「自分も置かれる環境によっては、こんな事件を起こしていたのではないか」と、怖くなるのです。
 

 子供のころって、大人は黙って辛抱できるものだ、と思っていました。
 だって、「大人」なんだから。
 でも、大人になってみると、僕は、子供のころに比べて、イライラしたり、我慢するのが難しくなったりしている自分というものに、毎日辟易しているのです。
 

fujipon.hatenablog.com


 子供は「これから」のために、我慢できる(ことがある)。
 ところが、大人になってみると「もう、これを逃したら、自分に良いことは無いかもしれない」とか、「こんなオッサンのこと、誰も気にしていないだろう」とか自分に言い訳をして、つい「ズル」をしてしまう。
 我慢することを、投げ出してしまう。
 信頼を得るには長い時間がかかるけど、失うのは一瞬です。
 もちろん、すべての大人がそういうわけじゃないのは知っています。
 ただ、大人が大人らしくふるまうっていうのは、そんなに簡単なことじゃない。
 むしろ、子供のほうが、大人らしくふるまっているようにさえ思うのです。


 いまは、ちょっと変なことをする大人は、SNSで拡散されることもあるので、有名人じゃなくても、人前でひどいことをやるのはリスクが高いんですけどね。


 僕は冒頭のエントリを読んで、もうちょっと普段から背筋を伸ばして生きなくては、と自分に言い聞かせました。
 ほんと、苛立ちや憂鬱やめんどくささとの闘いなんですよ、僕の日常って。更年期なのかな。


 あたりまえのことを、あたりまえにやるだけで、誰かを救えるかもしれない。
 ちょっと機嫌が悪かったり、めんどくさがったりして、やってしまった軽率な行動で、誰かを致命的に傷つけてしまうかもしれない。


 いつ、誰に見られていても、恥ずかしくないように生きていければ、と思う。
 ただ、そういう「ちゃんとしなきゃ」というのが、プレッシャーになることもあるのだよなあ。


fujipon.hatenadiary.com

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

いのちの車窓から

いのちの車窓から