いつか電池がきれるまで

”To write a diary is to die a little.”

ソフトバンクの”SUPER FRIDAY”で、近所の吉野家が、とんでもないことになっていた。

www.softbank.jp
www.j-cast.com


僕も先週は11時くらい、今日は17時過ぎに吉野家にクーポンを使いに行ったのですが、あえて混みそうな時間を少し外したのに、今日はとくにすごいお客さんの数でした。店内には、すでに弁当待ちが5〜6組で、ドライブスルーには10台近くの行列。
こんなに混雑している吉野家、みたことありません。
そもそも、無料クーポンが無かったら、こんなに混雑している吉野家には行かないかもしれないけれど。
クーポンの使い方がよくわからない、というお客さんもいて、レジの前はもうカオス状態でした。
今日はなんでこんなに混んでるの?と知らない人は驚いていましたし。


世の中にはいろんなキャンペーンがあるのですが、このソフトバンクの”SUPER FRIDAY”には、けっこうインパクトがあったんですよね。
牛丼並盛1杯無料って、それだと、一食分の食費が浮くし、逆に、何食べるか悩まなくても済むからなあ。
しかし、あらためて考えてみると、牛丼1杯380円×4=1520円。
いくらなんでも、月4回の金曜日、全部吉野家の牛丼を食べ続けるソフトバンクユーザーばかりではないでしょうけど、1520円というのは、けっこうお得な感じではありますが、それなら携帯料金から一律1000円くらい割引してくれたほうが良さそうな気もします。
このキャンペーンが「携帯料金1000円/月ずつ割引!」とか、同じ吉野家でも「今月いっぱい使える1000円分のクーポン券」とかだったら、ここまで盛り上がらなかったのではないか、と思うのです。


毎週金曜日に1杯分ずつしか使えないからこそ、使う側も「今日なんとかして行かなきゃ」という気分になりますし、金曜日、吉野家ソフトバンクユーザーがいっぺんに集結して混雑し、「ソフトバンクのお得なキャンペーン」を世間の話題にしてもらうことができる。
1ヶ月有効で、みんながそれぞれ都合の良いときに利用して、時間がばらけてしまうと、「なんでこんな行列が?」っていう話にはならないものね。
なんのかんの言いながら、すっかりそれに乗せられている僕も、見事にその術中にハマってしまっているのです。
たぶんこれ、同じことでも、「380円分の割引クーポン」だったら、ここまで混雑しなかったのではなかろうか。結果的に同じこと、あるいは、いろんな商品に使える分だけ、かえって便利だったとしても。
「有料のものが、タダ!」って、やっぱりインパクトがあるんですよね。
10000円のものが5000円になるより、1000円のものがタダになるほうが、なんだか「お得な感じ」がするのです。
これはもう、「とにかくタダに弱い」人間の業みたいなものかもしれません。
その一方で、「タダ」っていうのはけっこう不気味なところもあって、僕も先週はレジでクーポンを見せながら「本当にこれでいいんですよね?」って確認してしまいました。


380円の節約のために「食べたいものを食べるという選択肢」を消してしまうほうが、損なのではないか、と理性を発揮しようとするのだけれど、目の前の「タダ」をスルーするのはけっこう難しい。
あと何回、自分で食べたいものを食べられるのか、などと、ふと考えてみたりして。


世の中には「吉野家の牛丼なんて、タダでも食べたくない」って人がいるのも知っているけれど。
そういう人たちにとって、このキャンペーンは「わたしの携帯料金で、みんなでただ食いして!」みたいな気分なのだろうか。


ちなみに、この”SUPER FRIDAY"は来週の金曜日の10月28日、そして、11月、12月も実施され、11月はサーティワンのアイスクリーム、12月はミスタードーナツのドーナツが対象になるそうです。


吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り

吉野家 牛丼の具 冷凍 135g×10個入り